クレジットカード現金化業者の宣伝方法

クレジットカード現金化業者はかなりの数があります、アマゾンギフト券買取てんや来店方式のお店、チケットショップなどをいれると途方もない数になります。

そんな中で、どの業者もお客様獲得の為にあれやこれやで宣伝しています。これが上手くいかない事には経営の危機に陥りますので、どの業者も力をいれて行っていると思います。

その中でもメジャーな宣伝方法を解説していきます。ユーザーの方へそれぞれの注意点なども書きますので、参考にして見て下さい。

アフィリエイト方法

主流なのがアフィリエイト広告になります。何個か載せ方はあるのでが簡単に説明しますと、現金化に特化したサイトを運営されている方に宣伝して貰う方法になります。

良く、ランキング形式になっているサイトを目にしますが、全部アフィリエイト広告です。慈善事業でサイトを作るはずがありません。あくまで商業用だと思って下さい。

全ての業者を調査できるはずがありません。嘘とは言いませんが、いい加減なものになります。

アフィリエイト広告をもう少し細かく解説していきます。

Googleアドワーズ

まず、今一番目にするのが、Google検索に広告欄に載る方法です。

Googleに広告料を払って、ユーザーが現金化の事を調べようとした際に、宣伝のサイトが検索結果の上に表示されるようになります。

勿論、【広告】とは表記されているのですが、あまり詳しくない方は一番上からクリックしてしまいます、それによってお客様を獲得していくのです。

SEO上位表示の比較サイト

次に検索結果で上位表示されるサイトの中に自社のページを埋め込んでもらいそこから、お客様を獲得していく方法です。

自然検索で上位表示させることは非常に難しいです。それだけに、上位表示されるサイトを持っちる方は重宝されます。

上記のアドワーズ広告はお金が掛かりますが、自然検索は当然無料ですから素晴らしいです。それだけにライバルも多いのですが上位表示させることが出来れば、大きな集客方法になります。

黙っていても、業者が載せてほしいと殺到するか、そのサイトを結局運営しているのは現金化業者でしょう。ですので、内容はあくまでも参考程度に見ておきましょう。

あくまでも、宣伝用のサイトですのでご理解下さい。

ですが、どのサイトもGoogleに評価されようと、色々な記事をしっかりと書いていますので、参考にする事は大いに良いでしょう。

店舗の紹介ページは参考に、それ以外の記事は信用して情報を入れていきましょう。

自社サイトからの宣伝

上記のアフィリエイト広告が今一番多い宣伝方法ですが中には、他にもやっている業者もいますので、紹介します。まずは自社のホームページからのお客様の流入を目指している業者のやり方です。

自然検索表示

上記でもでた、自然検索で上位表示させることで、お客様の獲得を目指しています。アフィリエイトサイトなどがライバルになりますので、非常に難しいのですが、これが実現すれば経費が掛からず莫大な利益をもたらしてくれます。

SNSやメルマガなどからの流入

次は様々なSNSにページやツウィートなどを載せてそこからのホームページ派の流入をさせて、ユーザーを獲得する方法です。

ターゲットがSNSで調べる事があまりないのであまり大きい宣伝方法ではありませんが、少なからず流入はありますので、当社もやっておりますので、ご覧下さい。

関連記事

LINEビジネス こちらわラインの公式アカウントになります。メールが苦手な方でも、ラインから申し込みや、お問い合わせが可能になりましたので、宜しくお願い致します。              友達追加方法はラインの[…]

1d508b686f6e5e7d91aeae3a00088090

電話勧誘

次は、一番古典的な方法の電話勧誘です。古典的と言っても馬鹿にはなりません。

良いデーターさえ手に入れる事ができれば、直接アプローチ出来ますので、悪くはない方法ですが、クレームも多いです。

ただ、ユーザーにとってもネットでの情報だけではなく、直接業者と話せますので、悪い事ばかりではないと思います。しかし利用を考えてない時の電話だったら、迷惑も良い所ですよね。

最近の検索結果の上位表示

2020/5/28追記

ゴールデンウイーク明けにGoogleの大幅なアップデートにより検索表示の結果が大きく変わりました。今の所、注意喚起をしているページが上位に来る傾向があります。それと曖昧な表記ではなくしっかりと本当の事を書いているサイトが上位に来ている模様です。

しばらくして見ないと、対策と傾向は見えていきませんが随分と変わりましたのでご報告します。

まとめ

ユーザー様にとっては、沢山の情報がありますので良い反面何を信用していいのかわからないのが現状だと思います。

ネットの情報を全て鵜呑みにすることは大変危険です。

最期は、業者のスタッフと良く話をして、条件・内容をよく確認してから利用する事をお勧めいたします。