【携帯料金合算後払い】ドコモ払い・d払いの現金化方法は『dカードプリペイド』

バンドルカードにチャージは絶対に駄目

バンドルカード1分で作れる

ドコモの電話料金合算払いのドコモ払いを利用した現金化を行う際に、バンドルカードにチャージを行って現金化をしているユーザーの方がいます。

正直に言ってしまうとかなりの損をしていますので、その原因と解決方法、違った形の損をしない現金化の方法を紹介いたします。

何故バンドルカードを使うと大損なのか!?

バンドルカードにドコモ払いでチャージすると6%以上の手数料を取られます。あまり気にしない方が多いように思いますが毎月の様にチャージしていたらとんでもない金額になっていきます。

ドコモ払いのバンドルカードへのチャージ手数料

申込み金額手数料
チャージ金額が4,000円以下の場合1回につき300円
チャージ金額が5,000円以上の場合1回につきチャージ金額の6.15%
(小数点以下四捨五入となります)

かなり高いです、本当にもったいないです。

現金化するに当たって、少しでも換金率が良いお店を探してもチャージする段階でかなりの手数料を取られてしまっていますので非常にもったいないのです。

バンドルカードはスマホで直ぐに利用可能になり後払い機能も付いている事など非常に優秀なバーチャルカードだとは思いますが、ドコモユーザーの方がドコモ払いでチャージして利用する方法は本当にお勧め出来ません。

何故なら、同じバーチャルカードに手数料を取られずにチャージする事が出来るからです。

dカードプリペイドの利用ですべて解決

dカードプリペイドに今すぐ申し込む

docomoには独自のプリペイドカード【dカードプリペイド】というカードがあります。
アプリタイプではないのですが、どなたでも審査なしで作れるチャージ式のクレジットカードになります。
docomoが発行しているカードという事もあって、ドコモ払いでのチャージは一切手数料が掛かりません。

バンドルカードと同じチャージ式クレジットカードに同じ方法でチャージするのにチャージ金額にかなりの差が出てきます。

例えば50,000円の枠を使ってチャージした場合

dカードプリペイドの場合

50,000円そのままチャージできます

バンドルカードの場合

47,000円しかチャージできません

お支払いはどちらも同じように電話料金払いで50,000円分請求がきます。
ですが利用出来る金額が3,000円もの差がチャージしただけで出てしまうのです。

そして例えば80%で現金化出来たとしても

・50,000円ならば40,000円の現金化

・47,000円ならば37,600円の現金化

となります。同じドコモ払いを利用した現金化でも2,400円もの差が出来てしまうのです。

ですのでドコモ払いをプリペイドカードにチャージしたい方は、【バンドルカード】ではなく【dカードプリペイド】にチャージをする方が明らかに損をしないのです。

dカードプリペイドとの作り方

STEP1 dアカウントID/パスワードでログイン

  • 「お申込みに関する同意事項」に同意して申し込む
  • カードお申し込みには「お申込みに関する同意事項」に同意していただく必要があります。
  • 「dアカウントのID/パスワード」を利用します。 「dアカウント」をお持ちでない方は、dアカウントを開設してください。
    dアカウントの新規開設 
    • 別ウィンドウで株式会社NTTドコモのウェブサイトへリンクします。

STEP2 カードのお申し込み情報の入力

ドコモの回線契約をお持ちの方

  • 表示された氏名、生年月日、住所などに誤りがないか確認してください
  • メールアドレスなど必要項目をご入力ください
  • 表示された内容が最新の情報でない場合、お近くのドコモショップまたは、ドコモオンライン手続きにて変更のうえ、再度お申し込みください。住所の変更方法について

ドコモの回線契約をお持ちでない方

  • 氏名、生年月日、住所など必要項目をすべてご入力ください。

dカードプリペイドの特徴

一般的なチャージ式のクレジットカードなのですが、何と言っても国内携帯会社最大手のdocomoが発行しているカードとあって様々な活用方法があります。

dポイントが貯まるのもメリットの一つでしょう、通常チャージ式のクレジットカード例えばバンドルカードなどはいくら利用していてもポイントは貯まりません。ですがdカードプリペイドは使用するたびにdポイントが貯まっていきます。

携帯料金を支払っているとdポイントは自然と貯まっているのですが、dカードプリペイドの使用と共に貯めれば結構大きなポイントになる場合も想定できます。

貯めたポイントを有効に活用する事が出来ます。

次にApple Payに登録できて使用できます。iphonユーザーの方でクレジットカードをお持ちでない方には非常に嬉しい機能だと思います。

チャージ式ですので使い過ぎる事も無いので安心です。

当然idにも登録できるので、非常に様々な店でカード不要で利用する事が可能となっています。

バンドルカードを否定するわけではないのですが、チャージの手数料、使い易さ、ポイントの有無など全てにおいてdカードプリペイドカードの方が勝っています。
ドコモユーザーでバンドルカードにドコモ払いでチャージをして利用している方々は今すぐにdカードプリペイドを作り、バンドルカードから切り替えて下さい。

勿論チャージ式のプリペイドカードですので、通常のクレジットカードの様な審査などは無いのでご安心ください。どなたでも作る事が出来ます。

最適なドコモ払いの現金化方法まとめ

クレジットカードと現金

ドコモ払いの現金化はdカードプリペイドにチャージしてから現金化をする事が一番の現金化方法になります。
チャージしてしまえば通常のクレジットカードと同様にチャージ金額以内ならばご利用頂けます。

当社のようなクレジットカード現金化業者を利用するのが一番損をしない方法です。

もう一つの方法として、換金率の高いギフト券類を購入して売却する方法もあるのですが、ここ数年買取業者の換金率が非常に低いです。
需要と供給のバランスから来るものらしいのですが、現在の各ギフト券の換金率ならば断然、当社ライフパートナーの方がお得に現金化出来ます。

勿論ライフパートナーではdカードプリペイドもバンドルカードもご利用出来ます。
是非ご検討下さい、心よりお申し込みをお待ちしております。