貴方のクレジットカードのショッピング枠を無審査・最短5分で現金に変えれます

【最新版】アマゾンギフト券の売買行為は違法なのか!?

当社が営んでいるクレジットカードのショッピング枠の現金化と言えばあまり良いイメージをお持ちでない方も多いと思います。違法ではないのか!?とか騙されるのではないかと不安な方も多いと思います。

一転アマゾンギフト券の買取業者はあまりそういった噂は聞こえてきません。当然アマゾンギフト券の買取業者自体はお客様が持ってきたアマゾンギフト券を買い取っているだけですので何の問題もないです。しかし当社が行っているクレジットカード現金化も内容・構造は全くもって一緒なのです。

アマゾンギフト券の売買行為の違法性を解説していきます。

違法ではない

アマゾンギフト券を買取ってもらうことで違法になることはあり得ません!!違法行為ではありませんが、換金目的でのamazonギフト券の購入は規約違反になります。

理由

amazonギフト券の買取が違法行為ではありません。なぜなら、amazonギフト券を買取してはいけないという法律がないのです。その他のチケット・ギフト券等も同様になります。

問題は買い取る側ではありません、アマゾンギフト券を購入するお客様側にあるのです。

古物商は法律には関係ない

amazonギフト券の買取をしている業者で、古物商許可番号の表記がないサイトとあるサイトがあります。まずこの時点で古物商許可番号がないサイトは違反している!と考える方は多いでしょう。

しかし実は、amazonギフト券の買取に関して、【古物商の許可はいらない 】のです。

・古物商の許可番号がないから違法→間違い

・古物商の許可番号があるから合法→間違い

この勘違いでインターネット上で優良店か優良店ではないか判断されています。判断材料にはなりますが、違法かどうかには全く関係ありません。

どうして、古物営業法とは関係ないのでしょうか?

amazonギフト券は金券ではなく、電子ギフト券だからです。

電子ギフト券が古物営業法に該当する法令は決められていません。後に法改正により定められる可能性は十分にありますので注意して下さい。

利用規約違反になる

ひつこいようですが、アマゾンギフト券での現金化の問題点はユーザーのギフト券の購入の理由になります。換金目的で購入する事が違法ではありませんが、下記の規約違反に当たってしまします。

Amazonギフト券の利用規約違反

amazonギフト券の利用規約では「amazonギフト券を換金してはいけない」と明記かれています。

そのためにamazonギフト券を換金したことが発覚した場合、amazonアカウントの削除やAmazonアカウントの利用停止になってしまう可能性があります。Amazonで普段買い物をしている人からしたら、厳しい結果になってしまいますね。ギフト券なので本来の使い方をするのが一番です。

カード会社の利用規約違反

カード会社は換金目的での商品の購入を原則禁止にしています。

クレジットカードを使ってamazonギフト券を現金化目的で購入するのは規約違反に当たります。規約違反をし、発覚した場合はクレジットカードの利用停止。最悪の場合は残高の一括請求。他のクレジットカードも作れなくなってしまいます。コチラのリスクは知っておいた方が良いでしょう。

これはアマゾンギフト券の買取だけではなく、クレジットカード現金化業者を使う際も同様になります。

携帯決済サービスの利用規約違反

携帯キャリア決済とは携帯料金に合算して料金を支払うことができるサービスです。

便利なサービスですが、換金目的での商品の購入は利用規約違反です。2020年現在、携帯決済でamazonギフト券は直接的に購入できません、間接的に購入する抜け道は存在するのです。

参考にして下さい

関連記事

携帯電話の料金払いで現金を手に入れる事が出来ます。最近はどのキャリアもカード事業や電子決済に力を入れていて、色々な方法の支払い方が出来るようになっています。 その方法を利用して、現金を作ることも可能になっています。 携[…]

関連記事

バンドルカードとは!? [blogcard url=https://vandle.jp/] まずバンドルカードとは何なのか!? 簡単に言ってしまうと携帯アプリのチャージ式のクレジットカードになります(普通のカードタイプも[…]

vandle

利用規約違反をして発覚した場合は、携帯を解約される恐れがあります。最悪な場合は違反金の支払いや、他の携帯会社とも契約ができなくなるので注意しましょう。基本的にはバレようがないとは思いますが・・・

まとめ

クレジットカード現金化もアマゾンギフト券の買取も大まかな構造は一緒です。どちらも違法ではないのです。お客様が換金目的で商品を購入する行為が様々な規約違反に当たる可能性があるのです。

違法行為ではありませんが換金目的で購入したのであれば規約違反行為に当たる可能性が在るという非常に微妙な行為だとは思います。良くお考えになってご利用下さい。

大事な事はあくまで換金ではなくて、使用しないから買取してもらうというスタンスで買取サービスを利用をしてください。

関連記事

クレジットカード現金化の方法で、アマゾンギフト券の売買があります。 その中で一番の老舗人気店舗の買取ボムの紹介とアマゾンギフト券の買取業者について解説していきます。 アマゾンギフト券買取 そもそも、アマゾンギフト[…]